FC2ブログ
プロフィール

アシュナ

Author:アシュナ
【ゲーム】
ARK FRONTIER
アシュナ

【サーバー】
レグルス

【職】
ブレイバー

【ギルド】
セフィロトの樹

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメソライダー セギト

はい、こんにちは。
今回は長いよ。
文句はあとで聞く。

さて、始めに皆さんにお詫び&宣言があります。
私、週末は睡眠に勤しんでいたためにブログを更新出来ませんでした。
もうしわけございません。
いろいろあったにも関わらず、今更感が漂うブログをどうか読んでください。
暇つぶしでもいいです。
長いのは勘弁

てかね、いま書いてるこの記事、あれなんすよ。
さっき3時間くらいかけて書いたのが消えたんすよ。
まじね、もうやんなっちゃう。
泣きそうになった。
めっちゃがんばったんよ?

だからね、そんな苦労をしているってのをわかった上で読んでください。

あ、で、宣言ね。

まあ、なんといいますか、言い訳するわけではないのです。
ほら、休日ってさ、完全にOFFだから、気持ちが盛り上がらないといいますか、文言が浮かんでこないのですよ。
だから、うん、あれだ。

週末はぐーたらしたいからブログの更新はしません!!!

OK?

よし、じゃあ本題に行きましょう。

まず、この週末は第1回セフィロトの樹ギルドイベント「☆アシュナを探せ!☆」、略してセギトせ!が開催されました。

内容は、各マップで私がジャンプし、その後スタートの合図で渡しを探し出す内容です。
まあ、簡単に言うとかくれんぼですね。
私は一定間隔でジャンプするため、ジャンプした先で私を捜すメンバーを見かけるのですが、まあ揃って遠ざかっていく。
いやね、見てて一人声をあげて笑ってましたよ。

しかも、トレード画面を開いた時点でゴールなのですが、ジャンプする感覚が決まっているので目の前までメンバーが来たにも関わらずジャンプするケースが2回ほど。

その両方ともコンちゃんが餌食になってた。
笑ったわw

あと、奇跡が起きた。
ジャンプ→スタート→3秒後ゴール
めっちゃびっくりしました。
スタート後、捜索メンバーの一人がジャンプした先に私がいたのです。

そう、ムニ、お前だよ。

結果は、1位ムニ、2位コンちゃん、3位クラフターさん(許可を得ていないため名前を伏せます)

もちろん景品あり。
載せてもいいよね?
1位:祝福強化スクロール20枚
2位:月宮武器スキン交換券1枚&祝福強化スクロール5枚
3位:中秋衣装スキン福袋50個

あとは、第一回の記念として、入賞出来なかった方及び参加出来なかった方にも記念品を贈りました。
まだお渡しできていない方もいますので、後々お渡しします。

こんな感じで、私個人としては楽しかったのですが、みなさんはどうだったでしょうか?
今後ギルドの財政を考慮しながら月1でギルイベが出来たらなと考えています。

しかし、レベル及び職に関係なく楽しめる企画となると、かなり限られてきてしまうのですよね。
なので、何か企画案がある方は是非教えてください!
お願いします!


では次。
週末は因縁の対決が2回ありました。

まず1つ目。

彼がまだ少年だった頃。
毎晩決まって遊びに行き、そこで夜を明かす日々を送っていました。
そこは魔物がひしめく薄暗い地下の迷宮。
彼は強くなるために日々魔物と対峙していました。
彼は十分強かった。
襲いかかる魔物たちを右から左に受け流すぅ~♪
じゃなかった、魔物たちを次々となぎ払っていった。

ある晩、いつものように地下の迷宮へと行った時、事件が起こった。
魔物たちを狩る中で目の前に見覚えのない影が現れた。
目をこらしてみると、黒馬に跨り、氷のように冷たく白い息を吐き出す騎士。
彼は背筋を凍らせた。
目の前にいる騎士。
その姿は昔、目の前で父を殺した騎士の姿と一致していた。
そう、デスナイトだった。

彼は怒りに任せてデスナイトに斬りかかるものの歯が立つ訳もなく、その場で倒れた。
気がつくと朝になり、誰が運んでくれたのか街へと戻って来ていた。
起き上がろうとするものの、体中が痛んだ。

あれは夢では無かったんだ・・・。

そうつぶやくと、また怒りが沸いてきた。
父を殺したあいつがあそこにいると。
その日から幾度となくデスナイトに挑むも、惨敗の日々。

ふがいない自分に絶望しつつもあきらめきれなかった。
そして彼は旅に出ることを決意する。
そう、もっと強くなるために。


数年後、彼は強くなって戻ってきた。
そしてデスナイトを探すため、地下の迷宮へと入っていった。

彼は魔物たちを次々となぎ倒していく。
そしてついに見つけた。
因縁の敵、デスナイト。

過去のトラウマを抱えていた彼は一瞬怯んだが、彼はもう昔の彼ではなかった。
何倍も強くなった。
そして何より、仲間を得た。

彼は仲間を呼ぶ為に叫んだ。

「デスナイト!インディスナイト!インザエイト!」

そして仲間も応える。

「8chのどこよw」

そして集った仲間たちと共に彼はデスナイトに挑んだ。
一方的だった過去とは違い、仲間たちと共に善戦した。

敵を引きつけ仲間を守る 野獣ブレイバー むっくん
傷ついた仲間を癒す ロリっ子セイント コンちゃん
敵を地獄の業火で焼く尽くす ましゅーから移動用鳥さんを奪ったシャーマン みどりん
手にしたハンマーで敵を嬲り尽くす 常夏のツルピカクラフター 雷神様
逃げ足なら誰にも負けない お姉様ブレイバー ましゅー

そして、その仲間たちを引き連れた肉体系闇医者セイント キミー

6人合わせてセフィロト戦隊!セフィロンジャー!!!

強力な仲間を得た彼ことキミーは遂に父の仇であるデスナイトを切り刻み、引きちぎり、叩きつぶし、焼き尽くした。


しかし、彼にはまだ野望があった。
それは、仇であるデスナイトを服従させること。
その日が来るまで彼の戦いは終わらない・・・。

~fin~
以下要約

以前何度かAI放置中にデスナイトに殺られちまってだんだわ。
んでない、やっとめっけだんだ。
たまげだわ。
思わず「デスナイト!インディスナイト!インザエイト!」って叫んだんだがら。
だがらよ、みんな一緒に倒すべ!
---------------------------------------
やっと倒せだわ。
でも何でスキン出さねんだべした。
オーブも出さねえしよお。
おら困っっちまったあ。
やんなっちま!

って感じでした。

なお、上記は半分フィクション、半分ノンフィクションであり、実在の人物及び団体は一切存在しなかったりしたりします。

これが1つ目


で、2つ目

ギルド設立当初、初めてFBと闘ったんですよ。
相手はフォレスティア。
当時はレベルも低くて、闘った人数も私とコンちゃんと雷神様だけでした。
まあ、ムニも来てたけど、道中敵に殺されてFBのところまでたどり着けなかったけどww

そのときは火力もなくて削っても削っても敵の自然回復量が上で倒せなかった。

あれから1ヶ月かな?
夜中にリベンジのチャンスが来ました。
メンバーも当時の3人。

強くなったなあって実感しましたね。
フォレスティアくらいだと相手になりませんでした。

過去の日記にも書いたかと思いますが、打倒フォレスティアの理由はこれだったのですよ。

これまで何度かフォレスティアは倒してきましたが、やはり昔倒せなかった3人で倒してこそリベンジだと思っていたので、念願が叶った感じです。

以上、2つ目の因縁の対決でした。

じゃあ次に行こうか。
もうちょっと付き合ってね。

上のストーリーにも出てきましたが、うちの火力隊長みどりんですが

転職おめでとう!!!

いやあ、二次職さん増えて来たね、うん。
これでうちのギルドには5人の二次職さんがいます。

ブレイバー二人にセイント二人にシャーマン一人。
クラフター系とシューター系とニンニン系が居ない・・・
てか、うちニンニン系いなくね?

作るしかなくね?

ブレイバーいるし

私作ろうか?

あ、やべ、なんか作りたくなってきた。

だめだ、欲に負けるな・・・!

うん、考えておくわ。


じゃあ次。
まだあるのかって?
うるせえ黙って読め。

昨日、1chに冷虎ウェンパーが出現しました。
サタンシーカーから行ける特殊マップで、レベル70以上限定。

うちのギルドの精鋭を集めて行きました。
他にも数百人単位でウェンパーに挑んでましたが、まあ強い。

体力全然減らねえの。
もうね、コーラ2L一気飲みしまーす!ってくらい減らねえの。

しかも、ゾンビ。
マジゾンビ。
もうね、装備耐久?経験値?何それおいしいの?ってくらいゾンビ
T-ウィルスがブルース・ウィルスになるくらいゾンビ
アンブレラ社が傘の開発を始めちゃうくらいゾンビ

私は死に戻りを繰り返した結果、破産。
経験値も0。

絶望ですよ絶望。
やる気メーターもほぼ0。

でもね、そんな時にムクの一声があるわけですよ。

「これさ、ペットを攻撃させとけばいいんじゃね?」

もうね、驚愕ですよ。
顎が砕けるかと思った。
目から鱗。
アイからスケイル。
グレーウルフも歩けば棒に当たる。
水を得たシャーク。
アークバースの威を借るスノーフォックス。

むっくん、お前は何を言っているんだと。
そんなことをしたら、これまで必死に死にながらもがんばってきた努力がウォーターのバブルだろうと。
だから私、言ってやりましたよ。




SOREDA

ってね。
大賛同ですよ。
手のひらを太陽に透かしながら万歳ですよ。
まさか、そんな裏技があるだなんて思いもしませんでした。

思い立ったら即行動!
我が愛しのスノーフォックスちゃんをファンネルの如く発出。
撃墜されてもまだまだ発出。

私が一番ペットをうまく使えるんだ!!

って心の中で叫びながら派遣し続けた。

しかし、そこは愛しのスノーフォックスちゃん。
もうね、可哀想になってくるんですよ。
傷が癒えぬ内にウェンパーに立ち向かうその勇姿を見ていると泣けてくるんです。
だから、私は派遣員を変えたんです。
そう、

サベージに!!

すると、あら不思議!
可哀想なんて微塵も感じないだわさ!

私はその時改めて実感したんです。

ペットスキンって大事!

って。
それでも、ウェンパーさんつえーわ。
侵略すること火の如しって感じにつえーわ。

でもでも、しばらくしたらめきめきHPが減り始めた。
そう、天下のはいひと様方の登場です。
もうね、減り方が全然違う。

コーラの一気は無理だからなっちゃんにするわ。

ってくらい違う。
それで残り10%くらいになったとき、またムクるんですよ。
※「ムクる」とは、むっくんによる突拍子もない発言。

「この場で死んだ状態でも成就って入るのかな?」

わかる、わかるよ。
確かに、死んだ状態でも成就が入るのであれば、ゾンビなんて必要無くなる。
アンブレラ社もお手上げだ。

そこはもう検証するしかないと思ったので私も言ってやりましたよ。

「コンちゃんで試してみようか?」

ってね。
何で私じゃないのかって?
そんなん、リスクが伴う役回りなんてごめんですよ。
もし入らなかったらどうするんですか?

え?コンちゃんはいいのかって?
それは・・・・あれだよ、ほら、コンちゃんってドMじゃん?(あくまで個人的な印象です)
だからきっと大丈夫だよ。

先に言っておきます。
これはイジメではない。繰り返す、これはイジメではない。
じゃあ何かって?
それは・・・

愛情の裏返しだよ。言わせんな恥ずかしい///
-----------------------------------------
あれ?何でムニがいるの?
え?あ、うん、ごめ、そんなに怒らないで・・・・
あああぁぁぁぁあぁあぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁ!!!!!!!!

ぐふっ・・・し、死ぬかと思った・・・。

-----------------------------------------

結局コンちゃんは検証拒否。
みんな成就をゲットしましたとさ!

ちなみにコンちゃん、反省文まだかな?
むっくんからも反省文の提出を求められてるけど?

まあ、それについては提出を楽しみにしてますか。


と、いうわけで、コンちゃんの弄られ役定着とむっくん実は腹黒い?でした!

長くなってごめんね!
文句は受け付けるからいいでしょ!!!!!

じゃあね!!!!!!!
ノシシ

スポンサーサイト

コメント

突っ込みどころが多すぎる・・・

今度から、きちんと話題は分割して書いてください


長いけど読みました。
読んで思ったことは、たった1つです。
3日間、ほぼ一緒ゲームをしていたのに、話題に出てきたのが、セギトだけとはこれいかに・・・?w

訂正していただきたい所が一点!

私はロリっ子じゃないぜよ!!!

ドMってのは正解だけどねっ!!!
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。